WordPress・節約・アニメ・漫画大好きな人間!
働かないで食う飯はウマい!
アニメ

ラブライブ著作権の侵害についてまとめてみた!

今日の16時ごろにこんな記事がYAHOOトップに載っていましたので、まとめてみました。

著作権の侵害はどのケースであてはまるのか

【海賊版】

海賊版とは、著作者や製作者が創作したソフトウェアや映像・音楽などを無許可で複製し、販売・流通されたもののことを言う。

【文章・イラスト】

音楽や映像に著作権があるように、文章やイラストにも著作権があります。
つまり無断にコピペをしてはいけませんよということです。

ただし、どうしても他人が書いた文章を借りないといけない時に使われるのが引用・転載です。 ブログやネットのニュース記事を見ていると引用・転載なんて文字がでてきます。これに、法律違反(著作権侵害)にならないように他人が書いた文章やイラストを使いたい場合に使われるのが引用・転載になります。

【観光名所やキャラクター名】

キャラクターのイラストやデザインを無断で使用してはいけませんが、実際は一般的に商品やキャラクターは著作物とは言えません。

そこで重要になってくるのが「商標権」 です。
商標権は商品やサービスを提供・販売する側の証明みたいなもので、キャラクターのイラストやデザインを無断でしようすると商標権の侵害になってしまいます。

そして、【同人誌】

現代における同人誌の定義は「漫画やアニメ・ゲームの二次創作物」といったカテゴリーです。
この同人誌が著作権・商標権違反にならないのかですが、
なんと真っ黒です!罪に問われます!(松崎しげるさんより黒い!)

ただ実際は黒に近いグレーとも言われていますが、版権所有会社が裁判を起こしたら確実に同人誌作家は敗訴すると思います。

今回のラブライブの著作権侵害とは?

記事によると、「残念ながら『ラブライブ!』『ラブライブ!サンシャイン!!』の著作権を侵害する商品がイベントや通販サイトを通じて販売・配布されたり、またはアミューズメント施設の景品とされる事例が後を絶ちません」とのこと。

同人誌やグッズを許可がない状態で販売していたのは分かりますが、ゲームセンターなどの景品も著作権の侵害だったんですね。

これは何年も前から、警告をしていたみたいです。それが今でも全く改善されないから、今回の記事で悪質な著作権侵害は刑事告訴もしちゃうかもとのことです。(激おこ)

悪質な著作権侵害って?

じゃあ、どこからが悪質なの?と線引きが難しいところでもあります。
それぞれの見解があるのでtwitterの意見を載せておきます。

あからさまに儲けを優先とした、販売の仕方が悪質とみなされそうな感じです。私もラブライブの正規品のフィギュアを所有していますが、これらのコピー品とかも悪質と言えるのではないでしょうか。

今後ラブライブはどうなるのか

Amazonで販売されている非公式のグッズやアミューズメント施設で販売許可を取っていない商品は今後規制される可能大ですね。

同人誌に関しては、今後も規制される可能性は低いと思います。(ていうかマジで止めて!)同人誌はラブライブだけの問題ではないですからね!

双方が納得する形で決着ついてほしいですね。

まとめ

悪質な著作権侵害は刑事告訴!

・同人誌はセーフ!

・今後のラブライブ運営の動き次第!

余談 海未ちゃんやことりちゃん派だったけど、最近長髪の穂乃果ちゃんを見て惚れてしまったよ///うひっひっひ!

ABOUT ME
アバター
エイ@管理人
エイ@管理人と申します!主にWordPress、節約、アニメ、漫画についての記事を毎日更新しているよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です