WordPress・節約・アニメ・漫画大好きな人間!
働かないで食う飯はウマい!
Wordpress

初心者でもわかるWordPress(ワードプレス)ブログの始め方!

今回は、いよいよWordPress(ワードプレス)の始め方について解説します。

ブログを始める心構えと、ワードプレスのメリットデメリットについてまだ読んでない方は一読することをおススメします。

無職以外はアフィリエイトブログはやらないほうがいい理由!※最初に見てね 他にやることがあるならアフィリエイトブログは絶対にやるな! ブログをやる目的は何か なかにはただの趣味でやる人もいるかも...
WordPress(ワードプレス)を始める前にメリットとデメリット!前回は無職以外はアフィリエイトブログはやらないほうがいい理由!についてお話ししました。まだ読んでない人はそちらから読んでみてね! ...

画面をよく確認しながら操作をしてください。

WordPress(ワードプレス)を始める手順

大まかな流れ

➀レンタルサーバーの契約

➁ドメイン名の取得

➂取得したドメイン名をレンタルサーバーに設定

➃独自SSL設定

➄WordPressをレンタルサーバーにインストール

大まかな流れは以上です。
ゆっくり操作を進めてください。

レンタルサーバーの契約手順

今回は、エックスサーバーを契約する前提でお話しをします。

エックスサーバーを契約する理由

レンタルサーバーは数多くあるのですが、初心者の方にはエックスサーバーをおススメします。

・必要な機能がすべて揃っている

・安いプランでもサーバーが安定している

・無料で独自SSLが使用できる

・利用者が多いため情報が多い

安い料金や必要な機能に、サーバーも安定しているため、初心者には一番おススメです。

※安いからってマイナーなレンタルサーバーを使うと、いざ困ったときに調べても情報が少ないので要注意です。

XSERVER(エックスサーバー)と契約する

まずはXSERVER(エックスサーバー)にアクセスします。

エックスサーバーにアクセス


※画像をクリックすると拡大します。

➀お申し込みを選択

➁画像のようにタブが開くので申し込みフォームを選択

➂サーバー新規お申し込みを選択

➃サーバーID(初期ドメイン)を入力(適当な文字列で大丈夫です)

➄ここではX10を選択します(個人ブログ・サイトであればこのプランで十分です

・メールアドレス

・登録区分

・名前

・郵便番号

・住所

・電話

・利用規約と個人情報の取り扱いについてに同意

それぞれ入力すると、➅のお申込内容の確認をクリックできるようになりますのでクリックする。申し込みが完了すると

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] (サーバーID.xsrv.jp)

というタイトルのメールが届きます。
このメール内に記載されているIDとパスワードはこの後使いますので控えておいてください。

料金を支払う

この時点では、まだ試用期間なので料金の支払いをします。試用期間中に支払っても試用期間終了後から課金となりますので早めに支払っても損はしないので大丈夫です。

※支払いを忘れてしまうと面倒なことになりますのですぐに支払いを済ませておくことを推奨します。

まず、先ほどのメールからインフォパネルにログインします。

インフォパネルにアクセス

➀メールに記載されたユーザーアカウント情報の会員IDもしくはメールアドレスを入力します。

※ユーザーアカウント情報とは別にサーバーアカウント情報もありますので注意してください。

➁同様にインフォパネルパスワードを入力します。

入力が終わったらすぐ下にあるログインをクリックします。

ログインしましたら上のような画面が出ますので、➂をクリックします。

➃チェックを入れます。
※支払う前は契約の欄が試用と書かれています。支払うと通常に切り替わります。

➄更新期間を選択します。
更新期間によって値段が安くなります。(1年更新がおススメです)

➅お支払方法を選択するをクリックします。

あとは料金を確認し、お支払いをすれば大丈夫です。
これでサーバーの契約が完了となります。

ドメインの契約

次はドメインの契約をします。
ドメインというのは、簡単に言えばインターネット上の住所みたいなものです。
例えば、このサイトのドメインはei-ichiro.comとなります。

今回はこの「ドメイン名.com」の部分を契約します。

ドメインはお名前.comで取得する

ドメインはエックスサーバーでも契約出来ますが、お値段が高めなのでおススメしません。

今回は利用者が最も多く、お値段も安めのお名前.comを使用する方法を紹介します。

ドメインを決定する

まずお名前.comにアクセスします。

お名前.comにアクセス

➀希望のドメインを入力します。候補が複数ある場合は下の「複数検索」をクリックしてみてください。

希望のドメインを入力しましたら➁の検索をクリックしてください。
今回は当サイトのei-ichiroというドメインを見てみます。

➂は、既に他の誰かに取得されているドメインとなっています。

ドメインの選択が終わったら➃のお申込みへ進むをクリックします。
画像は、.comが取得済みなので.netを選択しています。

「.com」

「.net」

「.jp」

「.com」が最も人気が高く、このサイトも「.com」で取っています。
末尾に迷ったら「.com」が一番おススメです。
また、一覧を見ると「.work」「.xyz」のように安いドメインがありますが、2年目以降に値段が高くなりますので要注意です。

※間違えて不要なドメインまでチェックを入れてないか注意して「料金確認へ進む」をクリックしてください。

ドメインを購入する

「登録年数」を選択し、画像のようにWhois情報公開代行があるかどうか必ず確認する。
(チェックする欄があれば必ずチェックしましょう。)

Whois情報公開代行とは

サイト運営を始める場合、運営者の住所、名前、メールアドレス、電話番号
を公表しないといけないという決まりがあります。

しかし、ネットに住所とか公表するのは抵抗があります。
そんな人のためにあるのがこの「Whois情報公開代行」というサービスです。

自分の情報ではなく、お名前.comの会社の情報を代わりに掲載できるというものです。無料で利用できるので、必ず確認しましょう。

チェック欄が無い場合は、申し込みできていますのでそのままで大丈夫です。

・Whois情報公開代行メール転送オプション

・ドメインプロテクション

この二つのオプションは、どちらも有料なので基本不要です。

初めて利用する場合は

・登録用のメールアドレス

・登録用のパスワード

を決めて入力し、「次へ」をクリックします。

画像の必須項目をすべて入力し、次へ進むをクリックします。

次は支払い方法の画面になりますので、
支払い方法を選択し情報を入力して申し込むをクリックします。

メール認証

登録が完了しますと、画像のようにメールが送られてきます。

この中の【重要】【お名前.com】ドメイン情報認証のお願いをクリックする。

この画面が出れば完了となります。

[お名前.com]会員情報変更 完了通知
に書いてある「会員ID」はこの後使いますので、会員IDを控えておいてください。

契約したドメインをサーバーに設定する

・お名前.comでサーバーの設定をする

・エックスサーバーでドメインを設定する

次はこの二つの設定をします。

お名前.comでサーバーの設定をする

まずは、お名前.comでサーバーの設定をします。

これを行う事で、お名前.comで取得した「ドメイン」と、エックスサーバーで契約した「サーバー」を紐付ける事が出来ます。

まずはお名前.comに「ドメインnavi」にログインします。

ドメインnaviにログイン

お名前ID(会員ID)とパスワードを入力してログインします。

「ご利用状況」という項目があるので、➁の「ドメイン一覧」をクリックします。

そして今回紐付けたいドメインのネームサーバー「初期設定」の部分をクリックします。

「1.ドメインの選択」は左にチェックが入ってれば大丈夫です。

「2.ネームサーバーの設定」は「その他のネームサーバー」にチェックを入れ

1.ブライネリマネームサーバー

2.セカンダリーネームサーバー

という部分を入力していきます。

1.プライマリネームサーバー:「ns1.xserver.jp」

2.セカンダリネームサーバー:「ns2.xserver.jp」

3.:「ns3.xserver.jp」

4.:「ns4.xserver.jp」

5.:「ns5.xserver.jp」

まず右下にある+を押して、「3.」までしか無い項目を「5.」まで出し、それぞれ上の図のように入力します。

入力出来ましたら右下の確認をクリックをすると内容の確認をされるので、「OK」をクリックします。

「完了しました」の表示が出ればOKです。

以上でお名前.com側での設定は完了となります。

反映に一日かからないぐらいで終わります。私の場合は2時間ぐらいで反映されました。

エックスサーバーでドメインを設定する

そして、サーバー側からもドメインを設定する必要があります。

まず、エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

エックスサーバーにログインする

メールの題名が、【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] に記載されている「サーバーアカウント情報」のIDとパスワードを入力します。


サーバーパネルへログインが出来ましたら、➀の「ドメイン設定」をクリックします。


➁を選択します。

➂お名前.comで取得したドメイン名を入力してください。
➃「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックします。

「無料独自SSL」と「Xアクセラレータ」の部分は両方ともチェックしておいてください。

ドメイン設定の追加(確定)をクリックして、設定完了です。

すると「無料独自SSLの設定に失敗しました」
と表示されますので、次に独自SSL設定を行います。

独自SSLの設定


再びサーバーパネルに戻り、➀のSSL設定をクリックします。


➁の選択するをクリックします。


➂を選択します。

そして、サイト欄のSSL化したいドメインを選びます。

選びましたら「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。

これで独自SSL設定は終了です。
SSL設定の反映がされるのに最大一時間程度かかるので、注意してください。

WordPressをエックスサーバーにインストールする

これで、サーバーとドメインの紐付けが完了しました。
最後にワードプレスをインストールします。


➀のWordpress簡単インストールをクリックします。


WordPressのインストールをするドメインを選んだら➁の選択するをクリックします。


➂のWordPressのインストールをクリックしますと、必要な情報の入力欄になります。

・インストールURLはそのままで大丈夫です。

・ブログ名はブログタイトルが決まっていれば入力します。(後からでも変更できます)

・ユーザ名はログイン時に使用しますので自分で覚えやすい物にするかメモを残しましょう。

・パスワードは同じくログイン時に使用するので忘れないように注意しましょう。

・メールアドレスは自分のメールアドレスを入力します。

・キャッシュ自動削除は「ON」のままで大丈夫です。

・データベースはそのまま「自動でデータベースを生成する」で大丈夫です。

入力できましたら、右下のインストール(確認)ボタンをクリックします。
内容を確認して間違いが無ければインストール(確定)をクリックしてください。

インストールが完了しますと、ログイン・編集時に必要な情報が表示されます。

必ずメモ等に控えるようにしてください。

表示されたログイン・編集時に必要な情報の部分に自分のワードプレスにアクセスするURLがありますのでクリックします。

ワードプレスのログイン画面に切り替わりますので、ログイン・編集時に必要な情報に記載されていたIDとパスワードを入力することで管理画面にログインする事が出来ます。

以上でワードプレスのインストールは完了となります。大変お疲れ様でした。

『無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。しばらく置いて再度アクセスをお試しください。』

という表示がされる場合は

・時間を置く
・ブラウザのキャッシュを削除

で解決します。

よく分からなければしばらく放置すれば大丈夫です。(半日程度)

ABOUT ME
アバター
エイ@管理人
エイ@管理人と申します!主にWordPress、節約、アニメ、漫画についての記事を毎日更新しているよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です